イカメタルの仕掛けと釣り方【オバマリグなど】

イカメタルの仕掛けと釣り方【オバマリグなど】

非常にゲーム性が高く、人気がどんどん高まっているイカメタル。

いかに繊細なアタリを逃さないかが釣果に影響してきます。

ここでは、イカメタルの仕掛けと釣り方についてご紹介します。

イカメタルの時期

イカメタルの時期は、狙うイカによって異なります。

ここでは、ケンサキイカとスルメイカについて解説します。

ケンサキイカは8~9月までがベストシーズンです。

釣り自体は、7~10月まで楽しめます。

スルメイカは6~8月までがベストシーズンです。

釣り自体は、5~10月まで楽しめます。

地域によって、釣る時期が異なることがあります。

イカメタルの仕掛け(ロッド・リールなど)

イカメタルは、メタルスッテを使います。

最近は、ドロッパー(浮きスッテやエギ)を付けるのが主流です。

ドロッパーを付ける仕掛けのことをオバマリグと言います。

リーダーからエダスを取って、ドロッパーを付けます。

ドロッパーは、1個であることが多いですが、2~3個付けることもあります。

ドロッパーを付けずに、メタルスッテのみでもOKです。


仕掛けは、次のとおりです。

イカメタルの仕掛けと釣り方【オバマリグなど】

ロッド

ロッドはイカメタル専用のものを使います。

初心者はできるだけ柔らかめのものがよいです。

アタリを取りやすいロッドの方が釣りやすいためです。

長さは6~7フィートがおすすめです。

リール

リールはカウンター付きのベイトリールを使います。

カウンターが付いていると、アタリのあったタナを把握するのに便利です。

慣れてくれば、2000~3000番のスピニングリールも購入するようにします。

最終的には、ベイトリールとスピニングリールを使い分けて釣るとよいです。

ライン

ラインは感度重視でPEを使います。

太さは0.3~0.8号がよく使われています。

個人的には、0.6号がおすすめです。

リーダー

リーダーはフロロカーボンの1.5~3号を使います。

長さは2~5mほどにしておきます。

PEとの結束はFGノットがおすすめです。

ただ、初心者には少し難しいかもしれません。

電車結びでもOKです。

最低でも、1つはきちんとした結束方法をマスターするようにします。

自動で結束してくれる機器が販売されているので、そちらを使うと便利です。

スッテ

スッテには、1番下に付けるメタルスッテとドロッパーとして付けるウキスッテ(エギでもOK)があります。

まず、メタルスッテは重さが重要です。

オモリも兼ねているためです。

通常、潮が速い場合や狙う水深が深い場合は重めのものを使います。

状況により変わることはありますが、一般的には10~15号がよく使われます。

ドロッパーは、ウキスッテの1.5~2.5号がおすすめです。


カラーは、赤系やグロー系、ケイムラ系などがよく釣れます。

どのカラーがよいかは、その都度変わってきます。

釣りはじめは、メタルスッテとドロッパーのカラーは正反対のものを使って反応を確かめるとよいです。

イカメタルで狙うべきタナ

イカメタルで重要なのは、イカがいるタナを早く探ることです。

イカがいないタナで誘っても釣れないためです。

タナを探る上で、ちょっとしたコツがあります。

そのコツとは、次のとおりです。

明るい時間帯は、イカは底付近にいます。

そのため、底付近を中心に探ります。

日が暮れて船のライトを点灯させると、徐々にイカは浮いてきます。

イカがいるタナが上がってくるので、中層~表層を中心に探ります。

ただ、底付近でも釣れなくはありません。

イカメタルのアクションとアタリの取り方

イカメタルのアクションにはいくつかあります。

基本的な誘い方は、次のとおりです。

ロッドを小刻みに動かして(シェイク)、その後しっかり止めます。

イカメタルで重要なのは、どのような誘い方をするにしても、必ずスッテを止めることです。

止めた時にアタることが多いです。


他には、大きくシャクッた後ゆっくり仕掛けを沈めていく(テンションフォール)のも効果的です。

この場合も、沈めた後にしっかりと止めます。

止めた時とフォール時にアタることが多いです。


広範囲を探るために、軽くキャストしてもよいです。

バックラッシュ防止のために、スピニングリールを使うとよいです。

キャスト後、狙いのタナまで沈めます。

何回かシェイクした後、誘うのを止めます。

誘っていない間、スッテは弧を描いて手前に寄ってきます。(カーブフォール


アタリには、竿先が水平に戻るタイプと竿先が曲がるタイプがあります。

竿先が水平に戻るタイプのアタリが多いように感じます。

どちらのアタリであっても、アタリがあればすぐに合わせないといけません。

アタリはイカが触っている時に起こるものなので、この時に合わせないとフッキングさせられないためです。

イカメタルでベイトとスピニングを使い分ける

基本的にはベイトリールを使えばよいです。

カウンターで水深を確認できるのは大きなメリットであるためです。

ベイトリールは、底を取りやすい上、力強く巻き上げることが可能です。


ただ、スピニングリールを使うメリットもあります。

1つは、キャストに適していることです。

バックラッシュしないので、安心してキャストすることができます。

もう1つは、上のタナから探って、手返しよく浮いてきたイカを釣り上げることができることです。

数釣りをするのに適しています。


このように、ベイトリールとスピニングリールをうまく使い分けた方が効率的に釣ることができます。

ただ、初心者はベイトリールで釣りに慣れることから始めた方がよいです。

リールの使い分けは、慣れてからにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。